コロナ禍でのモチベーションの保ち方

こころのおはなし

一瞬の梅雨の中休みはいかがお過ごしでしたか?

一週間近くも日光を浴びてないと、なんだか気持ちも上がったり下がったり…。

梅雨が早い始まりだけに、太陽の有効活用を考えなくてはいけないのかな?と感じます。

こんにちは
アンティエールの三田です。

長い雨続きの曇り空、心地よい睡眠はとれていましたでしょうか?

湿度と気温と日照時間の割合が今年は悪くて、一番良い季節があまり感じられそうにないですね。

太陽が顔を見せた時は意識して外での日光浴をして頂きたいと思います・・・。

さてさて、日本は東京オリンピックを開催するのでしょうかね?

2ヶ月切りましたよ。

普通に暮らしている私たちにも言える事ですが、アスリートの人達にとって今、競技に対してのモチベーション維持をどのように保たせているのか?

本当に厳しい現状の中で、黙々と目の前のトレーニングを懸命にこなしているのは相当な気持ちがいるものだと思います。

今はオリンピックに合わせて言っていますが、時期が違うと受験生やその時の岐路に立つ人達にとって、とても決断のいる時ですね。

その決断を下すにも、ご自分の芯となるもののモチベーションをどう保たせ整えておくのか・・・。

このコロナ禍では必要なものではないかと思います。

子育ての中でも、子どものモチベーションを上げることはとても大切ですよね。

学業とやりたいことへのモチベーション

成人なら仕事へのモチベーション

このモチベーションを上げるか下げてしまうかで内容や意味も違ってくるから大切な所ではないかな?と思います。

上がるにも下がらないようにも第一に自分の健康状態を良くしておくことは大前提!

そしてきれいな言葉を使ったり聞いたりして、足りない時は本やいい映画のセリフを聞いたりして言葉を浴びるのもいいかと思います。

それから心地よい環境を作り、いい音楽やいい香りを感じ、五感に刺激を与えて事をする。

自分の状態を整えておくと言う事ですね。

そうすることでいつもいい状態の自分を知ることが出来ますから、そこにもし、ネガティブなイやな事が起こったとしても、その気持ちに気づき、立て直せることが出来ます。

そんなイやなことを文字化して書き出してみる!

すると、何で自分はイやな気持ちになったのかを知ることが出来、そこに改善の意識を向けることが出来ます。

その意識が外側に向けるモノではなく、内面を見るものだと気づくきっかけになるのです。

そしてその思った気づきに対してすぐに行動に移してやってみる!

人それぞれ心がける目標は違えど、今やることは何だろう?の繰り返しが日常ですものね。

大人にとってはコロナ禍な世の中ですが、子どもにはコロナ禍ってなんぞや?って感じてるかもしれない。

コロナ禍でもコロナ禍じゃなくても、人が生きていく上で成長し続けるには個々のモチベーションがいい方向に向き続けて進んで行くしかないですからね。

自分の感覚すべてを使い体を整えてからが先ですからね、そこからです・・・

まずは、太陽にあたって深呼吸!

梅雨の中休み、どんどんやってきてちょうだいな!

植物もみんな待ってるよ!