綺麗はス・テ・キ!untier Blog

からだが話しかけているサイン

11月もそろそろ終わり、クリスマスソングが鳴り響く季節です。

サロンにもサンタの小物を飾り始めました。

こんにちは
アンティエール三田です。170da01d3cd26111015edb3863a2c05c_s

 

去年の秋ごろから義母がよくつまずくようになり、骨挫傷を起こしてから入退院の繰り返しで、そこから腸の弱かった所が腸閉塞や尿管結石になり手術し、人工肛門をつけたり、カテーテルを入れたりとこの夏から義母の内臓は忙しく医師の手を借りています。

這ってでも家で暮したい!という希望も叶いそうにない状態。

人工肛門が大腸用と小腸用とお腹に2つ付けることになり、それによって水分が体に吸収する前に外へ出てしまう体になったので、点滴がこれからの生活には欠かせないものとなったのです。

それに、長期の入院により体力も落ちて自力では動けないほどに…。

義母自身でも、なぜここまでのからだになってしまったのかとつぶやいています。

 

本当にね。

 

でもね、厳しいかもしれないけれどそれを引き寄せたのは自分だとしたらどう思うだろうか?

 

きっと激怒だな。

 

義母の場合、自分が引き寄せた病気だとは思いもよらないし、そんなの認めない。

 

病気を引き寄せたなんて!!

 

義母はここまで自分の考えが絶対な生き方をしてきています。

人も信用していないし、信用しているのはごくごくわずからしい。

それは息子達3人にもわからない・・・。

一体誰の言うう事だと聞くのだろうか?というぐらい、身近である人の話を聞かないのです。

これに嫁入りした頃の私はやられっぱなしで私が体調壊していましたけど…。

 

普段、体調を壊すことってありますよね。

それが1日で終わる日もあれば、2~3日続く日もあったり、それが断片的だったり継続的だったり。

例えば偏頭痛の話をすると、週末になると頭痛がする緊張型頭痛の場合は、心身のストレスから解放された時や自律神経を乱すようなことがあると起こりやすいですね。

それは自分から起こしている要素ってのが大きいですよね。

ストレスを感じる(受け取る)ことをしてるし、自律神経を乱すような不摂生をしてしまっては自分から起こしてることになるでしょ?

それを手放せば偏頭痛から解放される一つの方法。

手放すにはそう簡単には出来ないだろうけれど、自分の身体を大事に思うなら出来ると思うのです。

それと一緒でね、病気の種は自分で作ってる事もあるのです。

いきなり病気にはならないし、それまでに何度か身体からサインは出ていたはずです。

それを聞き逃して聞かないふりしてると最後には病気という形でサインを出したんだと思うのです。

病気になって、大切に生きよう!とか、思いっきり生きよう!とか言葉に出るぐらいの気持ちが湧いてきますよね。

それが自分に対しての気づきになって、病気をきっかけに新たに変わったもの得たものがあるはずなのです。

 

義母がぽつりと・・・
『お父さんに優しくしなかったからかな…。』とつぶやいていたと聞き、なんか義母に変化が表れたのかな?と思っています。

80数年、義母が自分の考えが正しいと思うがままに生きてきた心の持ちように、何か変化が表れたとしたら身体もすこしは調子が良くなるのかな。

まだまだ時間はかかりそうですが、義母の変化に気づいてあげれるよう、耳を傾けています。

 

今日は新月。

何を願いましょうか・・・。

お電話でのご予約・お問い合わせ
090-8120-5232

月~金_10:00~17:00(最終受付16:00迄)/土_応相談

※営業時間外をご希望の方はお問い合わせください。

メールフォームでのご予約

ご予約はこちら

ご不明な点はこちらを参考に

よくある質問