自分のリズムで過ごす

新月・満月トリートメント

神戸の学校は今週から夏休みでしょうかね?
芦屋はもう少し授業をしていくようです。親としてはお願いします!って感じです。
4連休もやってきますが、世はGo Toキャンペーンでわちゃわちゃしておりますが、どこかへお出かけされますか?

季節の変わり目の「土用期間」

こんにちは
アンティエールの三田です。

少しお天気の良い日が続きましたが、梅雨はまだまだ明けそうにない様子ですね。
梅雨の後半戦はジメジメを感じる日が多く、身体にも負担がかかります。
そして九星気学で言うと、季節の変わり目の『土用期間』に入るようですので体調の崩れやすい時だそうです。
それも期間にして18日間。
春夏秋冬の中に『土用期間』が年4回あるので、夏の今で言うと立秋までの期間だそうです。
九星気学での土用丑の過ごし方など、取り入れ方は色々ありますのでご興味があればリモート講座などもしております。
お問い合わせくださいませ。

新月トリートメント実施中!

さて、この7月はその土用丑と新月とが重なる日でもあります。
そりゃぁ世の中もわちゃわちゃしますわね。
色々と乱れが生じてきます。
それに7月の新月は6月の新月と星座が同じ蟹座の新月。
春分の日から牡羊座がスタートし今で4つ目の蟹座。
この天体にも自然と共存するために農事暦を利用し、1年を駆け巡っていますから、色々と色んな面からご自分の取り入れやすい方法で、ご自愛くださいましたらよろしいかと思います。

先月と2回目となる蟹座の新月。
蟹座の新月と言われても・・・なんですが、それぞれの星座にも身体にまつわる結び付きがあるのでご参考にしてください。
蟹座の支配する星は月です。
その月が支配する体の部位は『胃・子宮・脳・目・粘膜・体液・脊髄・胸・横隔膜・心膜』です。
月は潮の満ち引きにかかわり、体の水分を司ります。
熱を取り去って適度な水分を与える精油などを利用し、胃と消化器系の不調を改善する健胃作用してカモミール、胃と消化器腸整作用としてマンダリン、子宮の強壮作用にはジャスミンなど蟹座の精油として知られています。
そして月のテーマとして、感情パターンやリラックスするなどがテーマになっています。

感情が昂っている時や、ストレスで疲労がリラックスできない時など、月の天体に対応する精油などを使って、興奮を鎮め心穏やかに過ごせるよう、足湯を取り入れたり、芳香欲をしたり、トリートメントなど受けてみるのがいいかと思います。
その蟹座の代表する精油としてカモミールがありますが、カモミールには2種類あり、甘いリンゴの香りがするローマンカモミールがこの7月の新月には効果的です。
甘い香りのするローマンカモミールには緊張を緩和して心を優しく包み込んでいくような香りから、母性愛を象徴する蟹座の要素がより高く作用されますから、親子の絆を強める力があります。
訳の分からない寂しさや悲しさ、イライラなどを感じる時も気持ちを鎮めて温めてくれる精油です。

夜寝る前などにディフューザーしたり、足湯をしたり、緊張が解れやすい首の後ろなど温湿布などするのもいいですね。
7月の2度目の蟹座の新月のテーマは『愛と調和』
最近個人的に資質という言葉が頭の中で繰り返され、ぐるぐる回っています。
その人のいい所・・・
なんでだろうって思っていたら、蟹座の新月のテーマにも入っていたよ。

面白いねぇ~。いろんなものが繋がってる。

土用の丑も月も関連した7月21日。
身体も心も穏やかに過ごせるよう、何か感じたら参考にしてみて下さい。

良い新月をお迎えくださいませね。