綺麗はス・テ・キ!untier Blog

何事も土台が大事。

雨がシトシト・・・

昨日、植物に水を撒いた所なのにな・・・。

こんにちは。
アンティエールの三田美栄子です。

乾燥しだしたかと思うと今日は十分な湿度。

風邪は隙間を狙ってきますので気を付けて下さいね。

 さて、また新たな商品に出合いましたよ。dsc_0824

fillisのノンシリコンシャンプーLAVERです。

オンラインショップでは色々な商品も扱っていらっしゃいます。

試供品を頂き試してみました!(使い切って無くなったので画像はお借りしています。)

ノンシリコンシャンプーと言えば・・・

洗っている最中から髪の毛がきしんでくる。

ってイメージがありますね。指が通らない・・・。

コーティング剤が入っていませんからね、髪の毛が団子さん状態で絡まります。

もう、洗い流した後は嵐に会った後のような頭に!

何度かノンシリコンシャンプーは試したことがあります。

私は以前はパーマもカラーもすべてしていましたので、その時はノンシリコンを使うなどは出来ませんでした。

今はパーマを止めてカラーだけなので、ノンシリコンでもいいかな?って思うように。

というより、抜け毛が多いのが少々気になっています。

ホルモンのバランスも維持しなくてはいけませんが、やはり頭のトップに毛量は欲しいですものね。

そんな時に出合ったノンシリコンシャンプー。

使用してみると、洗髪中、ドライヤー中の抜け毛の少ない事には驚きました!!

本当に少ないのです。

洗い流した後はそのままタオルドライし、諸々の動作が終わって乾かす時には、ある程度水気が抜けているので、乾かす時間も短くていい!

使用するのはシャンプー1本だけです。

コンディショナーもリンスもいりません。

このシャンプー1本で、頭皮を健康に育てる!っていうのが狙いです。

毛先の絡まりが気になって仕方がない人は絡まりの箇所にリンスや、乾かす時にオイルなど使ってもよく。

要は頭皮には何もつけない自然治癒で育てる事が大事という所ですね。

また、土壌の話になりますが・・・

無農薬でお野菜作る時、何も農薬を付けないでしょ?

土の栄養だけで美味しいそのまんまの野菜の味を楽しませていますよね。

だから農家の人は土にこだわります。

光と風をたくさん含んだふかふかの栄養の高い土。

だから味の濃いお野菜が出来るんですよね。

頭皮もこれに当てはまるかと思うのです。

頭皮を育て健康にしていると、生えてくる髪の毛は元気なハリとつやを出して伸びてきます。

食べる栄養とか生活環境なども影響されますが、自分の体内で育てていく。

そこで足りないものが、『何を』補えばいいのかもわかってきます。

なので、何かを知るのがいいのです。

土台となるものを育てるのが一番の強みと言う事ですね。

売れているから、流行っているからでも、自分に合うのかはわかりません。

自分に合うのは何かを知ればそれを育てればいいですもんね。

ある方が肌のトラブルに悩んでおられました。

顏の頬のあたりのかぶれがひどくて、何だろうと皮膚科で見てもらうと・・・。

シャンプーに入っていた成分の一部に反応を起こして荒れていたんだそうです。

頭に使うものですが、当然顔にも流れてきます。(自分で洗うとね)

ご自分の体調も肌の状態も重なってきますが、何も知らずにして売れている商品がいいものだ!と思って使っていても違う意味でトラブルになります。

私は頭皮を健康に、頭皮を育てる!って所に共感を受けました。

年齢と共に頭皮の老化は始まっています。

まだ間に合う!

紫外線が弱くなる季節に頭皮の状態を良くして育てなくては、あのキツイ夏を毎年過ごすとなると当然頭皮の健康は追いつきません。

年齢を重ねて毛量が少なくなり、ボリュームを出すのにパーマをかけ、おまけに白髪染めなどしていると、毛が痛み切れ毛の原因に。

で、結局コシもハリもない元気のない髪の毛になっています。

美容師目線で言えば、ボリュームで悩めばパーマを薦めたくなります。

その人のライフスタイルからの目線で、どうアドバイスできるかが大切。

パーマにこだわらずに出来るボリューム感。

ボリュームがない悩みとパーマや毛染めで痛んで切れてしまう悩みに、どう向きあってあげれるかだと思います。

年齢と共にくる衰えに向き合う為に、どうやって向き合っていくと素敵な歳の重ね方が出来るかが永遠のテーマになりそうです。

私、このシャンプーの絡み付きが意外に病みつきになるんです。

シャンプー後の嵐のような髪の毛が乾かすとさらっとしたボリュームある髪に変わる変化に驚いています。意外性でしょうかね?

そろそろ頭皮を育ててみませんか?

*以前にも載せた記事もご参考に。

お電話でのご予約・お問い合わせ
090-8120-5232

月~金_10:00~17:00(最終受付16:00迄)/土_応相談

※営業時間外をご希望の方はお問い合わせください。

メールフォームでのご予約

ご予約はこちら

ご不明な点はこちらを参考に

よくある質問