ペパーミントで新しい生活様式

今日から関西は雨マークの日々。
梅雨入りしたようですね。
一旦植物の水やりはお休みになりそうです。

マスク着用が必須になった生活

こんにちは
アンティエールの三田です。

新しい生活様式でマスク着用が必須になった生活。
梅雨に入り、高温多湿の日本の暮らしをどう過ごしましょうか?

紫外線の日焼けに熱中症にと、心配事が多くなる新しい生活様式。
どのような対処法をされていますか?

梅雨時期の高温多湿のマスクの中は熱が籠ります。
それに会話をしていると、吐く息で熱の逃げ場がなくなりより一層籠ってきます。
マスクの素材を考えるのと同時に、マスクを少しでも外せる環境を見つけることがこれからは大事になるかもしれません。
でも、そう簡単に外せる場所も見つからず…という時に、熱の籠もりようでフラ~っと来ないように、体感で切り替えてみるのはいかがでしょうか?

メントールで体感温度を−4℃下げる

それは、頭上にひと吹き、マスクにひと吹き、ペパーミントの精油をシュッと吹きかける事でペパーミントの香り成分(I-メントール)が−4℃の体感温度を下げてくれるのです。

あのヒヤッとした体感です。
身体の熱が籠り過ぎて頭がボ~っとしたりイライラしたり・・・
そんな時にはペパーミントを香るだけで気分は軽減できます。

ペパーミントの効果

ペパーミントは抗菌作用もある事で、汗のにおいやコロナ対策、虫対策でも役に立つことが多く、この季節は出番の多い精油です。

梅雨の時期は、乾燥しやすい時期

そしてジメジメ湿度の高い梅雨時ですが、意外や意外。
乾燥をしやすい時期でもあるのです。
肌にとって理想的な湿度は、約60~65%前後です。
梅雨の湿度80%以上のジメジメは、肌にとって環境が悪く、雑菌が繁殖しやすく、肌の赤みがや痒み、ニキビなどできやすいので要注意です。
湿度が高くなると体に熱が籠りやすくなるため、毛穴が開き気味になるから
どうしても肌の乾燥は進みます。
乾燥とは別に、肌のベタつきが気になって・・・・
という方は、それは外気の暑さによるベタつきではなく、肌に水分がなくなって守るものがないので、肌から皮脂を出して肌を守っているのです。
こうなると肌のダメージは大きく、一刻も早く乾燥から肌を守ってほしい所です。

乾燥から肌を守る方法

そうなると肌を守るにはどんな化粧品が良いのか?
ではなく、

身体の代謝を高め、汗をかく習慣をつけて熱を逃がす体力を身に付ける事!

そして、時間をかけてたっぷりの水分と保湿をしっかり肌に届ける事!

まずは今持っている化粧品でしっかりと肌に届けてみて、それでも乾燥するならば、化粧品を変えてみる。
人によって合う合わないは当たり前だと思います。
アイテムが重要よりも、どのように使用しているのか?が、まずは大切かと思います。

今年は今までとは違う夏の過ごし方、しっかりとご自分の身体と肌と向き合って大切にしてくださいね。

ペパーミントスプレー作り方

材料

  • 30mlスプレー容器
  • ハッカ又はペパーミント精油6~7滴
  • 無水エタノール10ml
  • 精製水20ml
  • ガラス容器(調合用)

作り方

  1. ガラス容器に無水エタノール+精油を入れる
  2. 精製水を加えてよく混ぜ、スプレー容器に移す

色んな用途に使えるので、ご興味のある方は作ってみてはいかがでしょうか?