綺麗はス・テ・キ!untier Blog

嫁の立場で介護とは…。

新学期って静か~。

この静けさを待ちわびていましたよ!

こんにちは
アンティエールの三田です。

 

今年の夏は母子家庭で過ごしました。

娘とわんこと女子家庭。

主人はと言いますと、実家で義母と住み始めました。298909262253237177eeaf296de5e877_s

2年前に義父が亡くなってから、気の強い義母も張り合いがなくなったからか、元から弱い体力が増したのか、この2年入退院の繰り返し。

その間にどんどん筋肉も落ちて、足取りもおぼつかなくなっています。

要介護認定は要支援1~2。生活が自分で出来ないわけではない程度。

ヘルパーさんに週1回の数時間お願いしていたけれど、それも煩わしくなり本人が断った。

嫁がお世話するのも嫌がる義母だけに、どうしようもない。

息子3人がどうにかして対応しないといけない感じになってきた。

 

義理の親を看るってのは一昔なら当然であったように、同居してると尚強い。

同居をし、義理の親を看てきた嫁たちはそろって言う言葉は、

『病院に見舞いに来ているのは息子ばかりで嫁などは見当たらない』という。

自分がその立場で看ているからそれがよく見えるんでしょうね。

話を変えれば、自分が妊婦の時、やたら妊婦や子供連れが多いと思うほど目についたもんね。

そういうもんだよね。

従兄の嫁からそのようなことを聞かされて、お世話するように言われました。

以前、私の父を施設に入れてお世話していた時、一回り年の上の人に、

『なぜ自分の親を看れないの?』と言われたことがありました。

 

あの時は返す言葉もなく、ただ聞いているだけで精いっぱい。

人には色んな状況があって、色んな親子関係があってそう簡単に言える話しではなくなりつつあります。

サザエさんのような関係だとこのセリフがでてくるだろうけれど、それぞれの背景を考えると、そう簡単に人に言える言葉ではないような気がするのです。

本当に献身的にできる関係や環境があって、それが自然と互いの想いで出来れば理想だと思います。

でも、人それぞれ違っていいなら、その形も違っていいのだと思うのです。

今、できること。

 

人を支える形って、一面しか見なかったら行き詰るけれど、多方面から見るといろんな形があると思うのです。

自分の親の時は自分が動けばいいことであって、すべて自分が抱えていました。

結果、それはとてつもなくしんどい形となりましたが、今となっては学習で、そんなことはいいことではないとわかった事。

そして今は、嫁としてどう支えようか、どう関わろうかと立場が変わると考えも変わります。

 

義母と息子たち3人の距離感や関係性、それぞれの家族。

放置しすぎず、構い過ぎず、出しゃばらず、主人との距離感も保たせつつ、自分の出来る事はなんだろう?

その時その時の目の前を支えようと。

いい悪いではなく、あかんかったら考え直せばいい。

その時その時の状況は変わるんだもんね。

 

主人が実家で義母を支えに帰ったら、我が家は私が支えることで娘が私を支えるようになりました。

お電話でのご予約・お問い合わせ
090-8120-5232

月~金_10:00~17:00(最終受付16:00迄)/土_応相談

※営業時間外をご希望の方はお問い合わせください。

メールフォームでのご予約

ご予約はこちら

ご不明な点はこちらを参考に

よくある質問