綺麗はス・テ・キ!untier Blog

美人は雰囲気で決まる

20190404_165056
今年の寒の戻りは長いですねぇ。

桜の花びらも、まばらに咲き乱れています。

こんにちは
アンティエールの三田です。

短い春休みですが、やはりこちらも長く感じますねぇ。

 

これだけ寒いと、桜も入学式まで頑張って咲き誇ってほしいです。

週末から入学式のお支度にバタバタしますが、明日から新月トリートメントが始まります。

新年度、最初の新月。

是非、この機会に月のリズムと一緒に過ごしてみてはいかがですか?

 

さて、本屋さんで見つけた、この本『雰囲気からして美人』

うんうん!

とうなずけることばかりで面白いですよ。

ただの美容本ではない所がいいですね。ネイリスト目線ですのでまた違った角度からの見え方。

 

私の美容人生は美容師からなので、美容師目線。

なので最初に見るのは髪です。

ネイリストさんなら手先だそうです。

メイクさんなら目元のメイクかな?肌かな?

スタイリストさんなら洋服?スタイリング?

それぞれの目線からの美をみて人を見る。

面白いです。

 

新年度に変わり、新年号も決まり、新たな時代がやってきます。

高度成長期時期に生まれ、バブル期を過ごし、成人と共にバブルが弾け、低迷期がきて、天災で翻弄されて今。

美容も大きく変わりましたね。

世代別にみても大差はなく、今はとてもミニマムな感じがします。

日本の成長期にバブルまでくると、自分のキャパを超えた世界で生きる姿は、ものすごいエネルギーがいたことでしょうね。

天災は、そのブレーキだったのでしょうかね?

この新年号の在り方は今までとは違う試みですよね。

世代交代と軽い言い方で申し訳ないですが、本当の意味での新たな時代。

楽しみでなりません。

と、話が大きくなりましたが、今の時代の美容の在り方。

どのように捉えていますか?

時代の流れと共にどのように変わるのか?変わらないのか?

美に対するものが電化製品のように進化し、次々と色んなものが出てきます。

ほんと、追いかけっこです。

私、電化製品が苦手なんです。使っていますけどね。でも苦手。

手間を省くものとして作られたものですよね。でも、永遠じゃない。

そりゃそうだ!

これからAIも出てくるっていうのに、こんな事言ってたらあきませんね。

でもね、

自分自身の事については、アナログ的なことが一番いいような気がします。

手をかける、手間をかけることが大事で、進化もしなければ退化もせず、継続することでその自身の自然の美が輝いてくること。

そこが美人と言われる所だと思っています。

それを作り出すのが雰囲気なのだと。

あれをして、これをして、こうして、ああして・・・じゃなくね。

 

結局、自分のやっていることはすべて繋がりがあるものなので、そのやることを自分の中に見つけ意識する。

その連続が美人さんを作るってことなんでしょうね。

形や姿がいいだけの美人はバブル期がモテました。

そりゃ、形がキレイなら美しい♥

それだけではない美人が出てると、人はそれを見逃さないでしょ?

その奥深さに。

形は見たままきれいですが、それじゃないキレイさっておおっぴろげにキレイが見えないけれど、目を追ってしまうでしょ?

その奥深さが魅力的なんでしょうね。

それが雰囲気からして美人なんでしょね。

身近に誰かいますか?

お電話でのご予約・お問い合わせ
090-8120-5232

月~金_10:00~17:00(最終受付16:00迄)/土_応相談

※営業時間外をご希望の方はお問い合わせください。

メールフォームでのご予約

ご予約はこちら

ご不明な点はこちらを参考に

よくある質問