綺麗はス・テ・キ!untier Blog

髪をツナグ活動

昨日から、湿度が出てきてしっとりしますが、紫外線がキツイですね。

ピリピリと肌に突き刺さります。

朝散歩で最近山に登っては、自然の恵みを頂いて、山にも海にも近い環境に改めてありがたさを感じます。

こんにちは
アンティエールの三田美栄子です。

 

1,2年前、初めて知った自分の髪がゴミにならず社会貢献できるって事を。

美容師ながら初耳でした。

幼稚園時代のママ友に教えてもらったんのですが、彼女が髪を伸ばしている理由が、ヘアドネーションすることでした。

アメリカでは認知度は高く、当たり前。

カツラの事全く無知でした。

この活動を調べると18歳未満の子供たちに贈られるもの。

 

美容室で働いていた時は、切った髪の毛はゴミになっていました。

下っ端時代は切った髪の毛の掃除から始ります。

忙しい日には山盛りになった髪の毛をゴミ袋に入れるのが、2度行う程の量です。

掃除しながら思う事が、この髪の毛で針山がどれぐらい作れるのだろうか?って思っていました。笑

私はそれぐらいの感覚でしか見てませんでした。

でもね、そのごみ『もったいない』から生まれたように、その髪の毛を生かす方法を見つけたのです。

針山沢山作ってもねぇ・・・。

で、この活動が生まれたんですね。

 

大切な思春期を迎える子供たち。

人が出来上がる大切な時期に、このような活動で助けれらるのなら・・・。

 

本当の目的は、そんなカツラを作らなくてもいい社会環境が出来るのが目的。

全てを受け入れ、普通に過ごす。

ごく当たり前なことのようで難しい。(難しくしている?)

 

このヘアドネーションを調べてるとこの本に出合いました。3840

小学生でも読める本です。

そして、それらを必要としている側、そこに興味があるがどうしようといった子供たちの心がうかがうことが出来ます。

読むにつれて目が潤みます。

 

美容師時代、スタイルが整い、髪がキレイになるのが前提の目線。

だけど徐々に顔や体が疲れた感じに見えていたのが気になってこのボディケアを始めるきっかけになった私。

髪だけでなく、顔も体もキレイに、元気のいい心も・・・って。

その目線、また違った目線で見てみれば、その切った髪の毛で人が又おしゃれな気分になって心も元気になるって素敵だと思います。

実際の活動は想像つかないような大変なものだったと思います。

想いを形にするってものすごいエネルギーが入ります。

それを根気よく行った強い意志。

ステキな1冊に出合いました。

この本は漢字にすべてフリガナが振ってあり、小学生が十分理解できる内容です。

これ、娘の小学校に寄付しようかな・・・?

世の中に、こんな活動があるんだよって。

お電話でのご予約・お問い合わせ
090-8120-5232

月~金_10:00~17:00(最終受付16:00迄)/土_応相談

※営業時間外をご希望の方はお問い合わせください。

メールフォームでのご予約

ご予約はこちら

ご不明な点はこちらを参考に

よくある質問