綺麗はス・テ・キ!untier Blog

春には芽を、夏には花を、秋には実を、冬には根を食べ季節を食す。

DSC_1173

DSC_1173

春の風は強いですねぇ。しかも突風が吹くから何もかも空中に飛んでいます。

昨日も突風が吹いてました。

こんにちは
アンティエールの三田美栄子です。

 

春の風で風邪をひいたりしていませんか?

今じゃ、風邪なのか花粉症の症状なのかわかりませんが、風が舞う事で体の上部特に顏あたりに症状が出やすいですね。

鼻水・鼻づまり、喉の痛みやら頭痛やら・・・。

顏中心の症状が出やすいだけに、顔のむくみも出てきます。

顔のむくみは、放っておくと顔面肥大になってきます。

顏のむくみを取るだけで『痩せた?』って言われるんですからね。

顔のむくみ取りはとても大事ですよ。

 

さて、

先日娘の参観で、国語の授業の題材となる『ふきのとう』をやっていて、以前、『ふきのとう』って何?と聞かれたので、夕食にふきのとうの天ぷらをしました。

面白がって食べたら『苦い!』と一言。

そして昨日は下処理が終えたタケノコを頂いたので、即、若竹煮を・・・。

旬のタケノコは、穂先はもちろんだけどすべてが柔らかくてジューシー。

とろんとろんになるわかめと、いい具合に煮汁が染み込んだタケノコが何とも言えず美味しかった♥

娘も染み込んだタケノコを食べ、春の養生を楽しみました。

 

その時が一番おいしい旬のモノ。

一年中出回るものもあるけれど、その季節にしか味わえない食感と味は何ものにも代えがたいものですよね。

後は生育を見ることが出来れば、娘にとってとてもリアルな授業となるんだろうなって思いながら、ふきのとうやタケノコと向き合っていました。

 

話は戻りますが、

その時期に出る不調は、その時期に出る食べ物で治す!ってのがよくて、

体は前の季節を引きずりながら新たな季節を感じています。

ましてや前の季節は冬だけに、体はまだ硬く縮こまっています。

入らないものが溜まった体を解放し、緩め、体が活発になるその旬のモノを取り入れて力をつける。

そんな自然の流れを体感しながら取り入れていくと、体はそれに順応し効果を出してくれます。

自分の体に邪魔になるものを入れないように、旬を取りこみながら強い体を作っていく春。

体調に気を配りながら季節を味わい、心身の楽しみを増やす生活を。

 

頂いたタケノコ本当においしかった!

モノがいいタケノコだったんだろうな。

ありがとうございました♥

お電話でのご予約・お問い合わせ
090-8120-5232

月~金_10:00~17:00(最終受付16:00迄)/土_応相談

※営業時間外をご希望の方はお問い合わせください。

メールフォームでのご予約

ご予約はこちら

ご不明な点はこちらを参考に

よくある質問