綺麗はス・テ・キ!untier Blog

ありがとうの神様

先日、本屋さんで目にした一冊。日常 002

『ディズニーありがとうの神様が教えてくれたこと』

ディズニーにまつわる本は沢山世に出ていますが、この著者の方は東京ディズニーランドで初代ナイトカストーディアルスーパーバイザーとして働き、キャリアを積み、今は(株)ヴィジョナリー・ジャパンを設立し代表取締役に就任されています。

その方がディズニーランドで経験した事を基に、創作された物語です。
大きく3つの物語で構成されていますが、どのお話にも共通した言葉がつづられています。

恥かしい話、開園30周年を迎えた東京ディズニーランドにまだ行っていません。
皆が声を揃えて言う、楽しい所♪
ディズニーファンに堪らないところですよね。
昔出会った花嫁さんが大のディズニーファンで、結婚するまでに世界のディズニーランドを回るという企画を立て実行していて、最後、どこの国だったか新婚旅行で行くと言っていました。
何が好きって夢の国のなんともいえない幸福感なんでしょうか?
キャラクター物が苦手な私としては、あまりピンと来ず、『そうなんだ~』で終わっていましたが、最近ちょっと行って見たいと思うようになりました。
正直なことを言いと、ミッキーを知った子供がリアルに喜ぶだろうなって思いまして。。。。。

でも、この本を読んでみて大人として見て見たいと思いました。
ディズニーランドの『おもてなし』を経験してみたいと!
組織の中の徹底された教育、仕事場を各自身のステージだと言う事、そこに信頼と敬意を重んじる心。
そして共通した言葉、『あるべき姿』

飾らず、媚びず、嘘をつかず、人の痛みがわかる、愛に溢れた人間本来の姿。
認め合い、褒め合い、許し合う関係。

生きていく上で、何かしら自分に薄いベールのような物をかぶっていく。多くは何枚も何枚も・・・・
でも、生まれた子供はかぶっていない。
皆生まれたばかりの頃は純粋なココロを持っている。
大人になり、色んな環境で経験した心のベールを、ディズニーの世界では自然とそれをはがしてくれる場所。

結局、自分の中身は自分が解決させなくてはいけない。
それを作るきっかけになるディズニーの『おもてなし』
愛ある世界。

そんな愛ある世界が身近にあるといいですよね。
良いお手本として、『おもてなし』の心を勉強させていただきました。

温かい本でした。

このほか、『ディズニーそうじの神様が教えてくれたこと』
      『ディズニーサービスの神様が教えてくれたこと』があります。
興味があれば読んでみてはいかがでしょうか?

お電話でのご予約・お問い合わせ
090-8120-5232

月~金_10:00~17:00(最終受付16:00迄)/土_応相談

※営業時間外をご希望の方はお問い合わせください。

メールフォームでのご予約

ご予約はこちら

ご不明な点はこちらを参考に

よくある質問