綺麗はス・テ・キ!untier Blog

マシュマロのような柔らかさがカギ!

大分涼しくなりあっという間に10月も半ばを迎え、このまま徐々に冷え込んでくるんだろうか・・・。

少しずつ衣替えもしたりして、ファッションの色味が渋めになってきました。

こんにちは! 大分間が空いてしまいました。まだまだ世の流れについていけない私です・・・・

急に冷え込んだり忙しさで、体が硬く緊張した状態が起こりやすい季節。

ボディワークをしていますと、体の凝りなど筋肉の緊張を感じるのは生活習慣で身に着いた部位に人それぞれ目立ちますが、

必ずと言っていいほど太ももの筋肉が凝っている、又は張っていることに気付いている方が少なく、触ると 『痛~ぃ!』って言われます。

同じ圧をかけていてもです。

痛いと言われなくても太ももを触ると 『ごりっ』 って筋肉が動きます。

これは筋肉が緊張し固まっている状態。

太ももを触るたびに思い出すことがあるんですけど、昔 『情熱大陸』 でロードレーサーの別府史之選手が出ていて、その人の太ももの柔らかさがマシュマロのように柔らかい事に驚きました。

今でも忘れられないほどの衝撃の柔らかさ!e5a3e6bbcd2e0b9483ee12f8b8d55f54_s

有酸素運動だけの太ももって、あんなに柔らかくなるのだろうか・・・?っと。

確かに、競輪選手のような太ももとでは大違いです。

陸上選手での短距離と長距離の筋肉の使い方が違うので筋肉の付き方は違います。それはロードバイクでも一緒ですね。

速さを求める瞬発力と長さを求められる持久力との違いでしょうか?(そんな簡単な表現でいいのかな?)

日々の生活での自転車生活では、短距離でしかも重さがありますね。子供を乗せていたり荷物があったり、目的地までの時間と・・・・で。

なので自然と太ももががっしりと固くなり、張ってくるのでしょうか?

大きな太ももの筋肉は前と裏では付き方が違うので、普段の生活の運動では前の筋肉がよく発達します。

案外、太ももの裏の筋肉に目を向けたりしませんよね?だけど大事な部位なんですよ。

前屈をしたときに痛くなる部位、太ももの裏やひざの裏。

運動会などで張り切り過ぎて傷める場所ですよね。

ここをよくストレッチなどをして柔らかくしておかないと、腰痛や股関節の故障をきたしてきます。怪我の要因にもつながります。

体の裏を触ると、ほとんどの方が背中やお尻、太ももの裏やふくらはぎなど、たくさんの部位が固く筋肉が張っています。

体の表は柔らかいけれど、裏が固くなって痛みが出やすい体の裏・・・・。

なんでもそうだと思うんですけど、体にしても考え方にしても感触にしても、お肉にしても(笑)

固いより柔らかい方がいいですよね♪  うま味成分がたっぷり入ってるようで・・・・

体型に関していえば、筋肉が柔らかい方が痩せやすいと思います。

食事制限をして脂肪を落としながら、体を柔らかく解し、骨格にあった筋肉をつけてあげればキレイな体型になるでしょうね。

色々な面で同時進行でしないと、ある面だけで整えると皮膚がたるんだり、筋肉だけつけても固い体になるだけでそれもどうしようもないですよね。

固い筋肉は怪我に繋がるし、不調にも繋がってきます。

リンパを流し、要らない水分を流せたら後は筋肉を揉み解していくだけです。

今年のパンツは、ゆったりと履けるかもしれませんよ♪

太ももの筋肉・・・・柔らかいですか?

 

お電話でのご予約・お問い合わせ
090-8120-5232

月~金_10:00~17:00(最終受付16:00迄)/土_応相談

※営業時間外をご希望の方はお問い合わせください。

メールフォームでのご予約

ご予約はこちら

ご不明な点はこちらを参考に

よくある質問