綺麗はス・テ・キ!untier Blog

スポーツをする子どものからだケア

499ced0e7556b9c0512f981c7782ba84_s今朝は気温が下がりましたね。

今日の娘は今年初めて上着と手袋をして自転車に乗りました。

到着した途端に、暑くて上着も手袋も脱ぎ捨てて学校へ行きました。

こんにちは
アンティエールの三田です。

 

私自身、スポーツ好きではありますがスポーツ精神を学んだ事はなく、学生の時は文化系に浸っていました。

なのでスポーツの世界が全く分かりません。

でも、娘はスポーツの世界に入りました。

なので、スポーツの縛りに訳が分からず必死についていっています。

その中で疑問に思ったことがあります。

 

子どものスポーツ現場に、子どもの身体を知っている指導者はどれぐらいいるのだろうと・・・。

 

今はスポーツ医学が発展しあらゆる面でサポートをしています。

その中で、企業チームやアスリートになるとトレーナ―達がついて体のサポートをしてくれますが、子どものスポーツ教室にそんなトレーナーはついていませんよね。

ましてや指導者の中に、以前そのスポーツをしていた人が指導しているのがほぼそうですよね。

そこから子どもの身体の事、その競技の深い所をどれだけ指導者が深めているのか?

不透明です。

私も最初は深い思いも無いままでしたが、娘の新体操という競技に付き合う事で、色々と身体の使い方や子どもの成長に合った食事など、娘の体を知ることで、子どもの時からメンテナンスは必要ではないだろうか・・・?

と、思い始めたのです。

子どもの身体は未発達です。

その未発達の状態でたくさんの運動量をこなしています。

ちょっと強いクラブチームに入っていると、その量と時間は驚きます。

子どもの未来を!

と言う事であれば、メンテナンスは必要です!

子どもは上手く自分の身体の事が説明できません。

『痛くて出来ません!』とも言えない問題もあるでしょう。

痛くなってからでは遅く、子どもにとっても心のしこりを作ってしまうだけです。

ならば、ちょこちょこ子どものメンテナンスをしていくのもいいかもしれません。

毎日、時々、週一など、子どもとのコミュニケーションも兼ねて、マッサージしてあげてみてはどうでしょう?

指導者が出来なければ、側にいる親がしてもいいんです。

本当の意味で、子どもの未来を!

見守ってあげたいものです・・・。

お電話でのご予約・お問い合わせ
090-8120-5232

月~金_10:00~17:00(最終受付16:00迄)/土_応相談

※営業時間外をご希望の方はお問い合わせください。

メールフォームでのご予約

ご予約はこちら

ご不明な点はこちらを参考に

よくある質問