綺麗はス・テ・キ!untier Blog

春は忙しさから力が入りやすい、ゆるめる意識を持ってみては?

2c1b79abb3e8ee6256282832cbe501cc_s
気温が上がるとテンションも上がります。

毎日ベランダの緑を見ては、新芽や緑の濃いさにウキウキし、プランターを見ては中の根っこがひしめき合ってんだろうな、と、早く植え替えをしてあげたいなど、土を触りたくてウズウズします。

こんにちは
アンティエールの三田です。

 

春には『木の芽時』という時期がありますが、3月から4月にかけて温かい時期になると自然界が賑やかになりますね。

花粉ももうすでに飛んでるようで・・・。

そうなると人間界にも賑やかさが出てきます。

環境の変化もあったり、気温の変化もあったりで、変化の連続。

その連続についていけなくて体調面や精神面で不調になりやすいのです。

 

よく言う花粉症は、冬から春に向けて体のシフトがうまく出来なかった体に出やすいからです。

冬の寒さで閉じていた体、肩甲骨や骨盤など、可動域が広い場所が温かさで緩み開いて来る時に、その動きにうまく乗らないと、体の色んな所に不調として現れてきます。

いつも春に不調を感じる方は、肩甲骨や骨盤など、緩めるて伸ばすストレッチケアをしてあげるといいかもしれませんね。

自然界の春の温かさと一緒に、体を緩める意識。

体を緩める行動としては、肩甲骨や肩あたりを動かしたりしませんか?

緊張して硬くなってたら『はい、肩に力が入っているからゆるめて~』『深呼吸して~』

なんて言われますよね。

その肩甲骨を緩める意識ができたら、目を休ませてみて下さい。

アイマスクで温湿布などをして、目を緩めてみて下さい。

すると自然に肩甲骨が緩んできます。

そのゆるみを感じ出たら、肩甲骨のストレッチなどしてあげるとスムーズに体が動いてくれるでしょう。

四十肩や五十肩の人にもいいですね。

春のキーワードは緩めるのが肝心になります。

ひどくなる花粉症を前に、肩甲骨の可動域を広めておくと今年は少しはマシなのかな?

お電話でのご予約・お問い合わせ
090-8120-5232

月~金_10:00~17:00(最終受付16:00迄)/土_応相談

※営業時間外をご希望の方はお問い合わせください。

メールフォームでのご予約

ご予約はこちら

ご不明な点はこちらを参考に

よくある質問